広告テキストリンク

目元ケアが10年後の顔の印象を良くも悪くもする現実!

目元が年齢を決定づけると言われています。

「基本的な化粧には専念していますが、アイケアをしている人は..」

少し注意が必要かもしれません。

実を言うと、目元は最も繊細で、肌のどの部分よりももっと注意が必要な部分です。
気にしないと、しわ、たるみなどが出やすくなります。

アイケアは早くも遅くもありません。

正しいアイケア方法を学び、まだ若々しい目を保つようにしてください。

 

アイケアは必要

 

目元の皮膚の厚さはわずか0.5 - 0.6 mmです。 普通の肌のわずか1/3です。
とてもデリケートで乾燥しやすいです。

女性の場合、30代で目にしわや垂れ下がりを心配し始めている人がたくさんいます。その主な原因は目元の乾燥なんです。

目は1日に15,000回も瞬きしていますが、最近多くの人がPCやスマートフォンを長い間使っていますね。
目の乾燥×目疲れでダブルパンチですので、目が老化しやすくなります。

そのため、目に特化したケアが非常に重要です。

特に「彫りが深い顔」を持つ方。 顔面の筋肉は顔の作りから動きにくく、まぶたの摩擦が発生しやすい、目のたるみやしわを引き起こしやすいタイプです。

早期のアイケアで、これから予防し改善しましょう。

 

正しいアイケアの方法

 

夜だけでなく「朝」にも効果があります。

夜よりも、戸外で仕事をするときには目が過酷な条件に置かれるからです。

朝のケアには、乾燥防止や当日の疲れ防止をすることで、老けた顔などさまざまな目のトラブルを防ぎましょう。

その方法を紹介します。

もちろん、朝のケアが忙しくてできない場合、夜だけでもだいじょうぶ!辛抱強く、継続的なケアをすることが最も重要です。

ステップ1:化粧水でしっとり
とにかく、たっぷりのローションをコットンに含ませ、それを約3分間目の上にパック。

注意点は2点あります。

まず第一に、薄いコットンまたは剥がせるコットンを使用する。
厚さがあると、重くなり、目のたるみを引き起こす可能性があります。
2点目は、コットンのしわが出ないことです。コットンのシワ→目にシワが発生します。

ステップ2:目元専用美容液を使用する
しわが気になり始めた方には、特におすすめのアイテム&アイケアス​​テップです。

目元専用美容液の選択方法
目元専用美容液は基礎化粧の「化粧水」にちょうど対応する。

アイクリームは、美容液液で潤った保湿成分が飛散しないように「フタ」の役割を果たすものです。

それは美容液ですが、さまざまな種類のアイテムがあります。

あなたは選ぶことに迷います。化粧水を選ぶのと同じように、あなたの目元の基本的な悩みに従って選びましょう。

  • 紫外線にさらされる環境下なら、「くすみ」→ビタミンC誘導体など、美白成分を含んだ美容液。
  • 肌のタイプから、目元も乾きやすい→保湿効果の高い「セラミド」または「ヒアルロン酸」を配合した美容液。
  • 不規則生活で肌荒れ→肌の補修成分、レチニールエステルなどが配合された美容液です。
  • しわが目立つようになった→トータルエイジングケアの美容液。

あなたの悩みに合わせて、コレ!というものを見つけてください。

目元専用美容液の使い方
適量をとり、目尻から目頭に向かってまっすぐにまっすぐ塗ってください。
目尻から目頭へ約5回繰り返しましょう。
摩擦は茶クマやたるみを引き起こすので、ある程度美容液をたっぷり使うことをおすすめします。

ステップ3:アイクリーム
化粧水パック+美容液で湿らせた目にアイクリームでフタをして乾き防止をしましょう。
マッサージしながらクリームを肌に浸透させることで、浸透率を高め、目元のむくみを取り除き、リフトアップにも効果的です。

①中指に米1粒のアイクリームをのせ、上まぶたと下まぶたにのせます。目のきわに付けないように注意してください。目のトラブルを避けるためです。
②目尻から目頭を繰り返し、アイクリームを浸透させます。

ステップ4:帰宅後のメイク落とし
完全にアイメイクを落とすことができないならば、目の炎症と色素沈着から「茶クマ」を引き起こします。

最近では、防水タイプのアイメイク用品がたくさんあるので、アイメイク専用の「アイメイクリムーバー」を使うことをおすすめします。

無理に落とそうとする必要はありません、化粧が残る可能性は少なくなります。

手順
①コットンを水で濡らして絞ります。メイクアップ除去のために必要なのは十分の除去剤です。しかし、リムーバーだけでコットンを濡らそうとすると、予想外の量が必要になります。水で濡らすことで、リムーバーの節約が実現します。
②まぶたの上に置き、少なくとも10秒間なじませます。すぐにアイメイクが浮き出てきます。
③軽く拭きます。強くこするのはだめです。
④アイメイクが取れない場合は、新しいコットンに交換して①〜を繰り返す。

 

まとめ

 

目元のケアに年齢は関係ありません。

ちかごろ目元が心配。もうすぐ目のケアを始めようとおもうなら、ぜひお試しください。

目元はデリケートなので、ケアがすぐに効力を発揮する部分ではありません、なので早い対策と毎日のケアは非常に重要になります。

正しいケアの仕方を学べば、5年後、10年後に「ケアを続けてよかった!」と思うことができる日になるでしょう。

今日から明日からお試しください。

美容

Posted by maru