広告テキストリンク

シミトリーの成分は安全?効果的な配合になってるの?

12/29/2019

 

オールインワンで簡単に美白したいって思います!

オールインワンって何でもできるから、それぞれの効果は低いんじゃないの?

そんなふうに思っていたりしませんか?

そこで、シミケアと保湿が同時にできるシミトリーの安全性と効果・成分を調べてみました。

シミトリーの成分はこちら

 

シメトリの美白効果の主な成分を説明します。

ハイドロキノン

韓国でもしばらくの間大きなブームとなった美白成分です。

日本の皮膚科で処方されているのと同じくらい高い美白効果を持つ成分です。

ハイドロキノンの素晴らしいのは、しみやそばかすの原因となるメラニン色素を徹底的に抑制することです。

その抑制力は高く評価されており、メラノサイトと呼ばれるメラニンのもとを抑制し、現在あるメラニンも抑制し、ます。

これにより、今あるシミ、そばかすとこれから出てくるシミとそばかすの両方の改善が期待できます。

ビタミンC誘導体

多くの化粧水にも含まれている美白成分で、この成分を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

ビタミンC誘導体の特性は、メラニン色素の形成を抑制するため、作成されようとしているシミを徹底的に抑制することが可能です。

 

シミトリーの成分は安全なの?


さらに、この美白成分に加えて、シミトリーはオールインワンですので、さまざまな肌にいい成分が含まれています。

それらの成分は安全なのでしょうか?

成分で肌を刺激しやすいものがあれば、敏感肌の方や乾燥肌の方は困りますよね。

シミトリーは無添加の配合となっていますので安心です。

非添加物は「パラベン・アルコール・界面活性剤・香料・着色料・鉱物油」です。

シミトリーのオールインワン成分まとめ

シミトリーのオールインワン美白成分には、メラニン抑制効果が高い2つの成分が主に配合されていることがわかりました。

2つの成分は、ハイドロキノンとビタミンC誘導体です。ハイドロキノンについては、皮膚科処方にも有効な美白成分であり、厚生労働省の承認を受けた成分です。

10種類の天然由来成分は保湿のため?

フラバンジェノール、ビルバリーバエキス、ユキノシタエキス、マロニエエキス、カンゾウフラボノイド、天然ビタミンE、セラミド3、オリーブ油、スクワラン、シア脂

 

これらの成分でしっかり保湿してくれます。

保湿の効果は?

実際にシミトリーを使用したときは、伸びが良いので少しで試してみましたが、すぐに乾燥してしまいました。

そのため、翌日、規定量を使ってみると、しっとりとした一日を過ごせました。

もったいないなどと思って適量を使わないのは、効果が得られなくなってしまい、意味がないので、適切な量を使用することをおすすめします。

 

シミトリー公式ページはこちら

 

 

美容

Posted by maru