広告テキストリンク

シミトリー│シミができる原因と対策を知っていると効果的

12/29/2019

 

なぜシミができるのですか? 

シミトリーを使用しながら原因と対策も調べてみましたので、ご紹介します。

シミの主な原因は何ですか?

紫外線

シミの最初の原因としての「紫外線」。紫外線には「UVA(紫外線A波)」と「UV B(紫外線B波)」の2種類があり、そのうちシミの原因は「UVB(紫外線B波)」の約5%にすぎません。

UVBは夏の日差しのように強い光です。波長が短いため、皮膚の表皮に届きやすく、皮膚に強いダメージを与えます。 UVBの強い光は、皮膚の裏側に大量のメラニン色素を大量に生成させ、そして次に色素沈着させ、そしてそれが十分に放出されないときにシミとして現れます。

もう一つの「UVA(紫外線A波)」紫外線は日光のように柔らかな光でUVBと比較して直接皮膚を傷つけることはありませんが、照射量が95%程度の時に皮膚真皮への浸透力が高く、そして照射され続けることによって、シミの要因となるメラニンを誘発します。

生活習慣の乱れ

肌の調子がやや悪い・・・!そんな経験がありますか? (女性なら誰でも経験していると思います。)

お菓子が好き!野菜なし肉、インスタント食品、外食ばかり、睡眠不足、運動不足、1日5時間未満の睡眠、こんな状態ですと、健康状態の悪化、皮膚ターンオーバーの乱れにつながります。

ターンオーバーが乱れると、メラニン色素の排出も遅れ、その結果、メラニン色素は皮膚の内側に沈着し、最終的には皮膚表面上のシミとして現れる。

タバコ

たばこを吸うことで代謝にメラニン色素の生成を抑える「ビタミンC」がたくさん消費されます。

ビタミンCは、すでにあるシミを薄くし、細胞の老化を遅らせる効果があります。そのため、喫煙者はビタミンが不足していると言われ、シミができやすくなります。シミを少なくしたいのであれば、喫煙をやめましょう!

過度のスキンケア

素肌を美しく保つためには「正常な肌のターンオーバー」が必要ですが、過剰な洗顔やスキンケアによりターンオーバーが乱れることがあります。

必要以上に保湿力がある美容ローションや美容クリームを使用すると、お肌が甘やかされ、肌の自己再生力が弱まり、ターンオーバーの障害になります。

また、こすり洗いと強いマッサージで強く顔をこすって洗うと、肌を傷つけますので、ターンオーバーとメラニン色素の生成に悪影響を及ぼします。

ターンオーバーが遅れると日光(UVA(紫外線A波))を受けても、色素沈着が起こりやすく、しみになりやすい肌になります。

シミを除去するためにできることは何ですか?

 

ライフスタイルの見直し

30代以降のしみやそばかすは、過去の日焼け止め対策の怠慢や生活習慣の乱れによって引き起こされると言われています。

ニキビ跡などがシミになることがありますが、疲れたときにしがちな「顔を洗わずに寝る」、「野菜よりも肉が好き」などの生活習慣も見直しましょう。

早めの就寝、早起き、3回の食事、適度な運動を意識することが、美しい肌を作るための大きな一歩です。

紫外線対策

紫外線は、夏に加えて、雪やアスファルトの輝き、水面の反射などにからも、浴びます。そのため、一年中紫外線に注意する必要があります。

紫外線から肌を守るためには、日焼け止めクリーム、帽子、日傘などを使うのが効果的です。

日焼け止めクリームを何度も塗り直すことが重要です。また、塗り直した後も違和感を感じないように、肌に快適なタイプを選択することも重要です。

美白スキンケア

日焼け止めクリームやファンデーションは紫外線防止にもつながりますが、根本的な観点からは、ローションや乳液などの「スキンケア」のためのシミ防止/美白ケアの成分を含むものを選ぶことです。

 

シミトリーは、保湿とシミケアが同時にできる、オールインワンジェルで時間をかけずにお手入れができるので人気があります。

 

シミトリー公式ページはこちら

 

 

美容

Posted by maru