ヒアロディープパッチで効果ない人と効果ある人の違い

ヒアロディープパッチは正しい使い方をしていると効果が期待できるんです。
効果的な正しい使い方を詳しく説明します。

ヒアロディープパッチの正しい使い方

・使用タイミングが一番大事です!

寝る前に悩みを持っている場所にヒアロディープパッチを貼り付けます。

しかし肌の状態を整えないならば効果を得ることは難しいでしょう。
洗顔・クレンジング・化粧水・美容液でケアした後、ヒアロディープパッチを貼って寝ます。

・濡れた手でシートに触れないでください

ヒヤロディープパッチは、マイクロニードルを溶かし、水分を含んでいるものに触れると内側の美容成分を飛び出させるメカニズムを持っています。
湿った手で触ると、成分が肌に注入されないため効果が低下します。
シートに触れる前に手を乾かしてください。

・化粧水と乳液が馴染んでから

シートを化粧水や乳液を塗った直後にヒアロディープパッチを肌に貼ると剥がれやすくなりますのでご注意ください。
しっかりと浸透した後、ヒアロディープパッチを適用してください。

・貼り付け後、シート部分を軽く押さえる

ヒアロディープパッチのニードル部分を肌に挿入することでより簡単に実現できます。
貼り付けた後、人差し指と中指で2〜3回軽く押すのが正しい使い方です。
※しっかり押す必要はありません

・貼り直しは厳禁、効果が出にくくなります

目元に貼ったけど、今日はほうれい線かなーなんて入り直したらOUT、針部分はつぶれ、成分は角質層に到達しない。
一度使用したシートを再利用しても効果はありません。

・5時間以上貼り付けてください

ヒアロディープパッチのニードル部分は、約5時間かけて溶けて角質層を貫通します。
少なくとも5時間は取り外さないでください。

・内袋を開封したら、早めに使用してください

ヒアロディープパッチに水分が含まれると、ヒアルロン酸混合物の針部分が溶け、その状態で貼り付けても針が肌にくっつかず効果が大幅に低下します。
内袋に入っていれば、2年間持ちますが、開封後はなるべく早く使用するようにしてください。

ヒアロディープパッチを使用しても効果が得られない場合、上の説明の「正しい使い方」を守っていない可能性があります。
製造元が推奨する「正しい使用方法」を守ることが効果をもたらすことに留意してください。

『ヒアロディープパッチ』公式サイトはこちら

 

関連記事

ヒアロディープパッチの最安値・購入前に知っておくこと

美容

Posted by maru