広告テキストリンク

アイキララの使い方は簡単!でも正しい使い方には注意が必要!

01/17/2020

 

アイキララは目元に悩みがある女性の間で人気のアイクリームです。

簡単に使えることが人気の理由ですが、正しい使い方をしないと効果が得られないことがあります。

ここでは、アイキララを使うときの注意点をご紹介します。

アイキララの使い方は、簡単ですが手順があります

「アイキララ」の使い方はとても簡単です。 1回の使用量は1回のプッシュで、左右の目に分けて使用し、目の下の気になる部分になじませます。

朝と夕方に一日に二度塗るだけでよいです。このように簡単にできるのが「アイキララ」の良さで、長く続けるのは苦労しないでしょう。


それでは、実際に「アイキララ」を使った正しいケア方法を紹介します。

ステップ1:開く
キャップを反時計回りに回し、最初のキャップを取り、内側の小さい2番目のキャップを取り外します。
※注射器のような形になります。

ステップ2:洗顔
通常使用する洗顔料で顔を洗います。
メイクアップをしているならば、メイクアップリムーバーなどでとり、清潔に保ってください。
※メイクを落としてもマスカラが目の下に残ることがありますので、強くこすらずに慎重に落としてください!

ステップ3:化粧水
いつも使っている肌ローションであなたの肌のきめを整えます。
※目の下のクマが気になる場合は、こすらないでください。
※オールインワン化粧品を使用している場合は、アイキララの後にしてください。

ステップ4:アイキラ
ワンプッシュで左右の目の下に使用できます。
クマやたるみがある場所を中心に、トントンとなじませます。
それがうまくいったら、薬指の腹で目頭からスタートして目尻の方向にゆっくりとクリームを伸ばします。
最後に、手のひらで目を包み、肌にしっかりと浸透させます。

ステップ5:乳液
仕上げのために、普段使っているローションで肌にふたをします。
※ローションを塗る場合でもできるようにやさしくしておきます。
※オールイン化粧品を使用している場合は、この乳液の代わりに使えます。

アイキララの効果的な使い方

効果的な使用方法1:使用前に一度ウォームアップ
「アイキララ」は、手の甲に出し、薬指の腹で5〜10秒間温めて目に塗ります。
「アイキララ」、クリームは意外と硬いです。そのまま使用すると、伸びにくくなりますので、強く目をこすったりシワなどを起こしたりすることがあります。少しウォームアップすることで、伸びやすくなり、さらになじみも良くなります。

効果的な使用方法2:薬指を使う
多くの人が使いやすい人差し指で塗る傾向がありますが、目の下はとってもデリケートです。薬指に慣れていないので、手触りも柔らかくクリームを優しくなじませられます。

薬指でローションや乳液も使うこともお勧めします。
肌への負担をできるだけ少なくしましょう。

効果的な使用方法3:乳液ふたの前に置く時間
基本的な使い方で説明しましたが、「アイキララ」を塗った後は浸透することが重要です。乳液を塗る前にしばらく待ってください。
また、「アイキララ」を塗る前に他の油分の多いクリームを塗ってはダメです!あいきららが浸透しなくなってしまいます。

効果的な使用方法4:毎日朝と夕方に塗ること
毎日蓄積されている「アイキララ」の効果は、皮膚細胞の入れ替わりとともに現れます。その細胞の交換は28日間隔(肌周期)で起こります。ですから、毎日「アイキララ」を続けて3か月ほど経った後、3度目の肌周期になると、期待していた目元に近づくことがよくあります。

また、朝目覚めたらすぐに肌が乾いているので、一度顔を洗ってから肌がしっとりとなったら「アイキララ」を使用するのが最善です。ゴールデンタイムと呼ばれる22:00〜2:00前までに塗っておけば、寝ている間に効果的です。

効果的な使い方5:絶対にこするな
目の下の皮膚は薄くデリケート、しわやたるみは体の他の部分よりも発生しやすいです。大切にキープしているコラーゲンを壊さないでください。また、「アイキララ」は、ワンプッシュで両目の下に使用できます。大量に使用しても効果は変わりません、浸透することが重要です。

 

消えない目の下のお悩みには『アイキララ』

男性には『メンズアイキララ』

 

美容

Posted by maru