広告テキストリンク

女性の薄毛対策で最初に取り組みたいこと!すぐにやりましょう!

シャンプー

食生活やストレス解消などの生活習慣の改善からマッサージや育毛剤の使用までさまざまなことがありますが、最初にしていただきたいのはシャンプーです。

髪だけでなくライフスタイルの改善は重要ですが、成果を出すには時間がかかります。

また、育毛剤は「約6ヶ月間あなたに合ったものを継続して使うことによって判断する」必要があります。

女性の薄毛の原因は複数の原因を含めてさまざまであるため、あなたに合った育毛剤を見つけることは正直には困難であり、6ヶ月を試すのは費用的にかかります。 (効果があればいいです)

その一方で、頭皮の環境は最も影響があり、重要です。

 

あまり洗わなくても、洗いすぎてもよくないなど難しいですが、結果を得る最も簡単な方法はシャンプーを変えることです。

もちろん髪のヘアサイクルがあるので、実際に効果が出るまでに約6ヶ月かかります。
(すべての対策で同じです)

しかし、今ある髪の毛や髪のつやが出ると、ボリューム感が増し、見た目の髪の毛の量がまったく変わってみえます。

このような意味のあるヘアシャンプーを使用し、髪のハリとつやを与えることが最も効果的であると言えます。

それに加えて、頭皮環境を改善することができるシャンプーは最高です。

良いシャンプーは高価ですが、育毛剤を購入するつもりで初めてシャンプーを交換してみませんか?

 

薄毛改善に効果的なシャンプーの仕方

 

頭皮環境を整える方法は非常に重要です。 髪ではなく頭皮を意識しましょう。

薄毛予防に有効なシャンプー
予洗の目安は1〜2分(38℃前後)
髪全体をしっかり濡らし、髪と頭皮の汚れを落とします。ヘアコンディショナーの油分が落ちやすくなります。
汚れの70%が予洗いで落ち、次に使用するシャンプーの泡立ちが良くなります。

2回洗う(二度洗い)
最初は、ある程度手でシャンプーを泡立てた後、しばらく洗い流した後、ヘアスタイリング剤のオイルのような髪の毛に付着した汚れを丁寧に洗います。

二回目は、シャンプーを半分の量で洗います、頭皮を意識的に洗います。
強くこする代わりに、指のはらを使って下から上に向かって軽く洗います。
洗うときには、爪を立てたりブラシで擦るのはNGです。

すすぎをちゃんとする(頭皮にコンディショナーなどを残さないように注意する)

 

薄毛のためのシャンプーの選び方

 

シャンプーは髪の修復にも重要ですが、頭皮の環境を改善することを考慮して薄毛対策を取るべきです。

シャンプーに使用される洗剤は界面活性剤ですが、3つの主な種類があります。

  • 高級アルコールタイプ
    アルコール系の洗剤は、市場の多くのシャンプーに使用されています。
    洗浄力に強くそして乾燥するので保湿成分が配合されているものがあります。
  • 石鹸系
    アルカリ性で洗浄力が強いです。
    徹底的に洗えます、しかし、皮脂を取りすぎます。
  • アミノ酸系
    洗浄力は上の2つに比べてやや劣りますが、刺激がほとんどないので頭皮環境に適しています。
    スカルプシャンプー、育毛シャンプーと呼ばれるものによく使われるアミノ酸タイプです。
    洗浄力が劣っていると言っても、正しい洗浄方法で普通の汚れを落とすことができます。

薄毛を改善するためにアミノ酸タイプが推奨されます。

また、天然成分、無添加、有機成分との低刺激性は育毛シャンプーとして人気があります。

育毛シャンプーは、保湿成分、代謝、栄養成分を促進する成分を含んでいます。
それに応じてコストが高いので、自分に合うものを探しましょう。

ドライヤーを正しく

 

ヘアドライヤーは、髪に悪いという人もいれば、薄毛が進むと考えて自然に乾くのを待つ人もいます。

無理に熱を加えると、乾いて脱毛が増えると考えられがちです。

しかし、濡れた髪と頭皮はとても危険です!

濡れた髪はキューティクルが開いている状態にあるので、栄養は流れ出やすく、わずかな摩擦でも傷つけられます。

頭皮が湿った状態にあるとき、それは雑菌を増やします、それは臭いと炎症のもとになります。

シャンプーの後は、できるだけ早くドライヤーで根元から乾かすことが重要です。

ヘアドライヤーの使い方

 

タオルドライの後にドライヤー
突然ヘアドライヤーをする代わりに、吸水性のタオルで髪を挟むようにある程度水分を取り除いてください。この時髪をゴシゴシしません!軽くポンポンと

頭皮にドライヤー
髪をかき分けるようにして頭皮に温風が当たるようにして頭皮乾かします。
ドライヤーを20 cmほど離して少しずつ振って、一箇所に長くかけないようにします。

最後は冷たい風で落ち着かせる
全体が乾いたら、最後に冷たい空気で仕上げ、キューティクルを引き締めて髪を落ち着かせます。

ヘアドライヤーのスカルプモードもお勧めします
最近はスカルプトモードや低温モードなどのものがあります
通常のドライヤーの熱風は100〜120℃程度ですが、頭皮ケアのため70℃以下に設定されています。
温度が低くても、短時間で乾燥できるものもありますが、製品によって機能が異なりますので、使用説明書に従って使用してください。

まとめ

髪の毛の場合はすぐには効果がありませんが、男性とは異なり、髪の毛や頭皮のケアを続けると元の状態に戻ります。

特に食生活の乱れやストレスなどの生活習慣は容易に改善することができ、それは20代から30代の脱毛を引き起こす可能性があります。

これらの生活習慣に今問題がないとしても、そのままにしておけば、髪の毛だけでなく肌の問題や身体の不調も起こります。

まず第一に、正しい食生活、ライフスタイルで美しい髪に!
心身ともに健康で美しい女性を目指しましょう。

 

無添加育毛剤「マイナチュレ」

 

※よく読まれている記事

【20代女性】薄毛が気になる人必見!なんでこんなに若いのに?