広告テキストリンク

【40代女性】薄毛が気になる人必見!老化以外の原因は?

 

 

原因1:妊娠・出産・働く環境の変化

40歳代の女性が脱毛や脱毛の問題を抱えているのは、生活環境の変化が原因の1つです。

晩婚が進み、40代での出産も近頃は増えてきました。 40代女性が子育て中であるという人も多い。 仕事に戻る、仕事を変えるなど、職場環境を変える人もいます。

環境の変化は、心と体に影響を与え、そして分泌された女性ホルモンも変動します。

これらの女性ホルモンの減少と増加のために、同様に発毛と脱毛に影響を与えると言われています。 さらに、ストレスを伴うことで、女性ホルモンは急激に減少したり、イライラになったり、気持ちが荒れたりすることがあります。

 

原因2:ストレスが40代女性の抜け毛・薄毛に

 

ストレスは、年齢や男性の女性に関係なく、薄毛や脱毛に関連していると疑われています。

これは、発毛に重要な役割を果たす副交感神経がストレスの影響を受けるためです。 働く主婦と専業の主婦も日々ストレスを受けています。 また、子育てや仕事が忙しく、ゆっくり休んでリラックスする時間が取れないのが現実です。

このストレスの蓄積は脱毛につながる可能性があると言われています。

さらに、円形脱毛症は、ストレスの影響を受ける脱毛として知られています。 円形脱毛症は、髪の一部が短時間で落ちる症状ですが、直接的な原因はストレスであり、体内で提供されている免疫機能が髪を積極的に攻撃して身体をストレスから守ろうとしてしまいます。

このことからもストレスが髪に悪い影響を与えると思います。

 

原因3:短気、心配性の性格が女性の薄毛・抜け毛に

 

一見すると、薄毛との関係はないと考えられるかもしれませんが、性格も脱毛や脱毛に影響を与えると言われています。

あまり気にせず、気分の変化もない性格の女性はストレス耐性が高いですが、例えばストレスがかかりやすい女性の場合、脱毛そのものがストレスになることがあります。そして悪循環に陥ります。

抜けている髪を見ることによって、それをよりストレスの多いものにする強い衝撃を受けます。

特に女性の場合、薄毛への抵抗と脱毛は男性よりも強いと考えられています。したがって、薄毛を感じると、それがストレスになり、髪をさらに薄くする原因となります。

ストレスは体のあらゆる部分で血行不良を引き起こし、髪に栄養不足を引き起こす可能性があります。

イライラしやすい女性や短気な女性、あるいは周囲の眼を気にしすぎている女性には気付かないうちにストレスがたまることがあり、体調から脱毛症になることが考えられます。

 

原因4:睡眠が薄毛に影響を与える

家事や仕事など、やることが山積みになってベッドに入るまでに時間がかかることがあります。

時間によって追いかけられることが多い私たちにとっては、ある意味では選択の余地はありません。しかし、私たちは適度な睡眠をとる必要があります。睡眠と薄毛は深い関係にあると考えられているからです。睡眠が不足し続ける人々は身体的なストレスを受けやすく、また、発毛に必要な副交感神経活動が不十分なために薄毛が進行する可能性があります。

逆に、良い睡眠時間を確保できれば、内臓がよく機能すると言われており、若返り効果による脱毛を抑えるのに効果があると言われています。また、睡眠はストレス解消に効果があると言われているので、どんな年齢でも質の高い睡眠を保つことが必要です。

睡眠不足の毎日が続いた場合、枕でたくさんの脱毛を見つけて、そしてショックを受けます。

あなたはそれを経験したことがありますか?ベッドに入った後、SNSをチェックせずによく眠りましょう。眠りにつくことができないと思う人は、自分の体型に合った枕に変えればいいと言われています。

 

無添加育毛剤「マイナチュレ」

 

※よく読まれている記事

【40代女性】薄毛が気になる人必見!主原因は誰にも訪れる老化