広告テキストリンク

【20代女性】薄毛が気になる人必見!なんでこんなに若いのに?

 

 

女性にとって、髪の毛のトラブルは緊急です。

髪が傷んだ、頭皮が痛い・・・・・女性は多かれ少なかれ何らかの悩みをもっています。

特に、多くの人が脱毛や薄毛を心配しています。

最近の人々は20代から薄毛になっている人がいるんです。

 

女性でも薄毛って?

細い髪は男性のものであるという強いイメージがあり、薄毛で悩んでいる若い男性がたくさんいます。

しかし、男性がはげていることは必ずしも最悪ではありません、ファッションをうまくコーディネートする方もたくさんいます。

女性は、そんなふうにできないので深刻です。

しかし、大丈夫です! 女性の場合は、適切に行えば改善されます。

まずは、髪の毛が薄くなる原因を知ってから、きちんと対策をとりましょう♪

 

原因が違う男性と女性の薄毛

 

一般的に脱毛や髪が細くなった状態は薄毛と呼ばれますが、男性と女性の場合には原因に違いがあります。

男性の薄毛の主な原因はAGA(男性型脱毛症)であり、男性ホルモンと遺伝に関連しています。
頭頂部と生え際の髪が抜けてきます。

男性のように女性の場合は、禿ません

薄毛に苦しむ人々のための多くの情報がありますが、対策は男性と女性で異なります。

 

育毛剤も違います!

髪の育毛剤も男性と女性のそれぞれに合わせた成分で作られていることです。

女性が男性用のものを使用する場合、場合によっては逆効果になる可能性があるので注意してください。

 

無添加育毛剤「マイナチュレ」

 

女性の薄毛のとくちょう

 

女性の薄毛は、いくつかの種類と症状があります。

薄毛に苦しんでいる人々にとって、自分の薄毛が何であるかを把握することも重要です。

びまん性脱毛症
最も一般的な女性の薄毛はびまん性脱毛症です。

以前は中年の人々に多くいましたが、最近では年齢層が広がりました。

びまん性脱毛症にみられる症状

  • 髪が細くなる
  • ボリュームが落ちる
  • 地肌(頭皮)が目立つ
  • 髪のコシ消える

円形脱毛症
年齢や性別を問わず発症する自己免疫疾患で、10円大になります。

ほぼ2つ以上の脱毛がありますが、多発性、または頭全体に広がる可能性があります。

けん引脱毛症
頭皮や髪の毛が引っ張られることによる脱毛です。

頭皮と毛根が傷つき、髪が細くなり、その部分が脱毛します。

産後脱毛症
出産後に起こる脱毛症は、抜け毛を急速に増加させます。20代でも発症する可能性があります。

通常は一時的なもので、髪の周期(髪の毛が落ちてから次の成長までの期間)とともに徐々に元の状態に戻ります。

ひこう性脱毛症・しろう性脱毛症
乾燥ふけが原因で毛穴の詰まりや炎症を起こしたり、皮脂が過剰に分泌されて炎症を起こしたりする脱毛症の症状です。

フケや炎症によりかゆみを起こすことがあります。

 

女性の薄毛になる原因

 

薄毛の症状も、原因も1つではありません。

女性の薄毛の原因を具体的に挙げましょう。

1、更年期障害
女性が閉経期になると、女性ホルモン(発毛に必要なエストロゲン)が減少し、バランスが乱れやすくなります。

加齢による代謝の悪化は頭皮環境にも影響を与えます。

2、出産
妊娠中、活発に分泌された女性ホルモンは出産後に正常に戻ります。

毛髪の成長を促したホルモンは突然減少するので、脱毛が増加します。
通常、1年もしないうちに戻ります。

3、食べ物
お菓子やジャンクフード、極端な食事、バランスの悪い食事などによる偏った栄養を食べ過ぎることがあります。

髪に必要な栄養素が不足しており、頭皮環境も悪化します。

4、ストレス
ストレスは頭皮の血行不良やホルモンのバランスを妨げる可能性があります。

女性はまた、大きな環境変化が多いんです、仕事、子育て、人間関係を通して自分自身を知らずに強いストレスを受けることが多のです。

若い人たちの間で髪が薄くなるのは、ストレスが問題とされています。

 

5、不規則な生活
髪の成長に関与しているのは2つあり、女性ホルモンと成長ホルモンがあります。

成長ホルモンは眠っている間に多く分泌します。

不規則な生活の中で睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌を促進することができません。

さらに、成長ホルモンの分泌は年齢とともに徐々に減少するので、睡眠の質はより重要です。

6、ヘアケア
間違ったヘアケアによる頭皮へのダメージは、髪を薄くする原因となります。

  • 頭皮の洗いすぎ→乾燥
  • シャンプーが強すぎる→皮脂の過剰分泌
  • 爪で強く洗う→髪の毛や頭皮を傷をつける
  • すすぎが不十分→頭皮が詰まる
  • シャンプー後に自然乾燥→自然な雑菌の成長による炎症、冷えによる血行不良

ヘアケアが正しく行われていないと、髪と頭皮の状態を悪化させるでしょう。
特に髪の基礎となる頭皮の環境が悪化すると、脱毛につながるでしょう。

7、頭皮汚れ
頭皮をちゃんと洗わないならば、不潔で髪の成長を妨げるでしょう。

古くなった角質、余分な皮脂、整髪剤などが毛穴を詰まらせ、雑菌が成長し、そして固有の常在菌とのバランスが悪化します。

抜け毛を気にし、毎日シャンプーしない人は注意してください!それは逆効果です。

8、パーマ/ヘアカラー
ファッションのために不可欠なヘアカラーですが、あまりにも頻繁に行われるならば、それは薄くなる髪を引き起こすでしょう。

毛髪パーマ剤およびカラーリング剤を使用すると、毛髪が損傷しやすくなることはよく知られている。それはカットヘアになる傾向があり、髪は細くなり、薄毛のように見えます。

また、髪よりも影響を与えるのは頭皮環境です。
薬が頭皮に付着すると炎症を起こしたり、繰り返し使用しても毛穴に残ることがあります。

9、頭皮に負担をかけるヘアスタイル

ポニーテールのようにまとめると、頭皮は強く髪を結ぶことによって引っ張られます。

常に同じ部分を引っ張ったり、部分を変えたりしないなど、頭皮にも影響します。

ヘアーアイロンの熱と引っ張る作用によって髪が傷ついて頭皮が損傷すると、髪の毛の切断や脱毛の原因にもなります。

薄毛をカバーするエクステ?
ボリュームアップのためのファッショナブルなアイテムとして人気のあるヘアエクステを付ける人もいます。

薄くなったつむじやその周りの部分が隠されているというメリットもあります。
しかし、これも頭皮を引っ張るので、やり過ぎは注意です。

10、紫外線
皮膚への紫外線の影響は非常に大きいので、スキンケアでも頻繁に話題になります。

日焼け止めなどの顔や手足の対策は完璧ですが、髪の毛や頭皮を気にしない人がたくさんいます。

紫外線は髪のキューティクルを剥がし、湿気と栄養素がなくなり、傷がつきます。
また、髪の毛のメラニンも傷んで褐色になります。

そしてさらに、頭皮への損傷は毛根細胞(毛母細胞)にも及ぶ怖いものです。
それはヘアサイクルを乱し、髪を薄くする原因となります。

11、飲酒

 

飲み過ぎは原因かもしれません。

アルコールを分解する物質(アセトアルデヒド)を作ると、髪に必要な栄養素であるアミノ酸(システイン)を消費します。

それはまた脱毛を促進する物質(ジヒドロテストステロン)を増加させ、ヘアサイクルを乱します。

12、喫煙
喫煙すると血流が低下します。

毛根の細胞への酸素および栄養素の届ける血流の停滞は髪の成長を抑制します。

また、喫煙は、栄養素などのビタミンCも消費し、髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。

13、運動不足

体を動かさないと血流が悪くなります。

血流も新陳代謝と発毛を促進するために非常に重要です。

ストレスの蓄積が多くあると、血行が悪くなります。

運動不足は同様に肥満になる傾向があります。

肥満になると血行がさらに悪化します。

肥満型の人は皮脂分泌が多いので頭皮への影響が心配です。

 

無添加育毛剤「マイナチュレ」

 

※よく読まれている記事

【40代女性】薄毛が気になる人必見!絶対にやりたい改善方法!