育毛剤の副作用ってあるの?※失敗しない育毛剤を選ぶには?

育毛剤にもいろんな成分が配合されているので、自分の肌に合わなかったりかぶれたりする副作用があると怖いですよね。

添加物など肌に影響する成分が使われていないか心配です。

どんなことに注意すればよいのでしょう?

 

無添加という表示

女性用育毛剤の説明を見ると、無添加という表示が目に付きます。

無添加っていうぐらいだから、副作用のあるような成分が添加されていないんだろうな~ぐらいな想像がつきます。

でも、製品によって無添加の材料が違っていたりして、あれ、こっちの製品は無添加の数が少ない!

大丈夫?って感じちゃったりします。

実は、無添加って基準がないんです。

各製造メーカーが、それぞれの判断で「売り文句として、こんな成分は排除しています」と記載しているんです。

香料、合成着色料、パラベンやシリコン、界面活性剤などが代表例で、これらを無添加として記載している事が多いです。

どんな成分を配合していないのか書いてあり、これを強調することで安全なイメージを作っているのです。

無添加として強調しているもの以外の成分でも肌トラブルが絶対発生しないというわけではないので、注意したほうがいいです。

 

無添加の表示だけで安心できないです

無添加=悪い成分がないから安心。 

こんなイメージを持たれると思いますが、その他の成分で副作用が出ることもあります。

敏感肌の方や、体調によっては普段大丈夫な方でも副作用を感じる場合があります。

アルコール

肌の殺菌や、防腐剤、浸透の目的で含まれています。

過去にアルコールを含んだ化粧品でかぶれたりしたことがある方は、成分表にアルコールが書いてある育毛剤は避けたほうがいいでしょう。

 

使ってみないと副作用がわからない?

 

実は、使う前に全成分表をチェックしても、使ってみないとわからないんです。

大丈夫、この成分なら問題ないはず、かぶれないはずって確認しても、使ってみたら肌に合わなかったということもあるんですね。

育毛剤のメーカーでは、敏感肌の方でも副作用が出ないように成分を調整しているはずですが、実際には肌の性質はそれぞれ違いがあるため完璧というわけには行きません。

それじゃー怖いですよね。

薄毛をケアしようとしている頭皮にいきなりつけるのではなく、パッチテストといわれる方法でテストしてOKが出てから使用するのがオススメです。

 

パッチテストのやり方

1、育毛剤を二の腕の下側に10円玉の大きさ程度に塗ります。

2、塗ってから30分程度経ったら見てみます。かぶれや、赤くなっていないか確認。

3、48時間経ったら再確認。かぶれや赤くなっていなければパッチテスト合格です。

もしもパッチテストでかゆみ・かぶれ・赤みが出てしまった場合は、残念ながら使用を中止するしかありません。

 

関連記事

女性用育毛剤の【最新情報】よい製品を選ぶには何に注目する?

女性用育毛剤!年代別の選び方ポイントは?間違ったら効かないよ!

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX