女性用育毛剤!年代別の選び方ポイントは?間違ったら効かないよ!

女性用の育毛剤もたくさんあって、どれが自分に合うのかここでも悩んでしまっていませんか?

ここでは、年代ごとの薄毛の原因と育毛剤選びのポイントを紹介していきますね。

 

10代の育毛剤

まず、10代で薄毛なんていう方いるの?

こんなに若くても、強いストレスや生活習慣の乱れが頭皮の血行不良になってしまう場合があります。

いきなり育毛剤を使うよりも、原因となっているストレスや生活習慣を改善するのが先です。

その上で髪のサイクルの正常化を早めるため、育毛剤を使うのが望ましいです。

血行を促進することを目的とした医薬部外品の育毛剤が安心です。

 

20代の育毛剤

20代も10代と同じようにストレスや生活習慣の乱れが起きやすい年代です。

それに加えて、キレイになりたいお年頃でダイエットを過度にしてしまう場合があります。この場合も頭皮に栄養が行かなくなり薄毛の原因になります。

出産をすると抜け毛が増えることがあります。ホルモンバランスの急変が頭皮に影響するためですが、普通は半年から1年で自然に治っていきます。

ですが、出産後の育児でストレスがある場合、なかなか直らないでで長引く事があるようです。

症状が重い場合は、病院にいくことが必要です。

この年代でも頭皮の血行を促進する医薬部外品の育毛剤を選んでおくことが必要です。

 

30代の育毛剤

30代になるとそれまでと違ってきて、女性ホルモン(エストロゲン)の減少による影響が髪と頭皮に出始めてきます。

女性ホルモンの減少は

  • 髪の毛が細くなる
  • ボリュームがなくなってくる
  • コシがなくなってくる

のようになり、ヘアスタイルが今までのように決まりづらくなってきます。

育毛剤としては、血行を促進する働きのある医薬部外品を選ぶのが良いのですが、それに加えて体の中からもケアを進めるのがより効果的です。

女性ホルモン(エストロゲン)が減少しているのだから、摂取すればいいのでは?と思いますよね。

でも、エストロゲンは体から分泌されるもので、外部から取り入れることができないのです。

そこで、そのかわりにエクオールがあります。

エクオールはエストロゲンと似た働きをするので女性のさまざまな症状の改善が期待されると研究発表が報告されています。

  • 更年期(ゆらぎ期)障害の改善
  • 抗酸化作用
  • 血管内皮作用
  • 骨粗しょう症予防
  • メタボ予防
  • 皮膚廊下の予防
  • 脂質代謝改善
  • 前立腺への作用

エクオールはサプリで摂取できますので、予防の意味で早いうちからケアを始めるのが良いでしょう。

 

40代以降の育毛剤

個人差がありますが、薄毛の方が増えてきて、白髪とともに女性にとって悩める問題です。

加齢による頭皮の血行不良が薄毛の主な要因になってきます。

血行を良くして、髪を育てる細胞に栄養を送りやすくする女性用育毛剤が必要です。医薬部外品で効果効能が厚生労働省から認められたものが安心安全です。

それと合わせて

体の中からエクオールで継続してケアすることも必要です。

 

関連記事

女性用育毛剤の【最新情報】よい製品を選ぶには何に注目する?

育毛剤を選ぶ基準は?最低でも効果・効能ありの医薬部外品とは?

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX