女性用育毛剤の【最新情報】よい製品を選ぶには何に注目する?

女性用育毛剤をいざ使おうって思ってもどれがいいんだか?

たくさんありすぎて、選ぶのに困りますよね。

値段もそこそこするし。

ここでは、どんな観点で育毛剤を選べばいいのか調べて見ました。

 

医薬部外品を選ぶ

まず、効果・効能が厚生労働省から認められている医薬部外品を選ぶことが最低ラインです。

化粧品となっている育毛剤では期待できるのが保湿ぐらいで、育毛に必要な成分は入っていないのが普通です。

薄毛なのかな~ぐらいな方なら、化粧品と合わせて頭皮マッサージをすれば効果が期待できる場合がありますが、はっきりと薄毛とわかるなら医薬部外品を選びましょう。

 

化粧品 < 医薬部外品 < 医薬品の順番で強くなる

成分の効き目は、医薬品が一番です。

医薬品は、副作用も考慮しなければいけませんので、医師や薬剤師の判断が必要です。

医師の判断で治療が必要なときに処方されます。

海外から個人輸入などで手に入れるのは危険ですのでやめておいたほうがいいです。

医薬部外品は、医師の診断などが必要なく、副作用も通常の使用であればそれほど心配しなくても大丈夫なので、手軽に使えます。

医薬品ほど強くはないですが、効果と効能が厚生労働省から認められた成分を配合しています。

効果・効能が穏やかですので、長期間続ける必要があります。

化粧品は効果・効能の許可がないものです。

予防を考えて使うには良いのですが、そこまでしないのが普通です。

育毛剤ではなく、養毛剤って呼ばれています。

 

症状にあわせて育毛剤を選ぶ

 

女性の薄毛で主なものは

びまんせい脱毛症

髪全体が薄毛になる症状で、ゆっくり薄毛が進みます。

なんか最近ボリュームが無くなってきたかなって気づいたときには、実はかなり症状が進んでいたりします。怖いです。

加齢、ストレスで女性ホルモンの減少やバランスが乱れるのが要因で、頭皮の血行が悪化して毛を作る細胞に栄養が届けられなくなっている状態です。

血行を促進する女性用育毛剤を選び、使用するときに同時に頭皮マッサージをあわせて行うと効果的です。

加齢はどうしようもないのですが、ストレスを減らしリラックスして良い睡眠になるようにすることが必要です。

出産後に起こる脱毛症

妊娠中に急増していた女性ホルモンが、出産とともにバランスが急変すると抜け毛が怖いほど増えたりします。

若いのに薄毛なんてびっくりです。

でも1年ほどで通常にホルモンバランスがもどると自然に治ります。

育児がストレスになっていると、それが原因となって薄毛が戻らないことがあるそうです。

ストレスによって頭皮の血行が悪化していることが薄毛の要因になっている場合があります。

頭皮にやさしい、保湿と血行促進が期待できる医薬部外品の育毛剤を選のがよいでしょう。

ストレスを軽減する息抜きを積極的にとるようにすると効果的ですね!

関連記事

女性用育毛剤!年代別の選び方ポイントは?間違ったら効かないよ!

育毛剤を選ぶ基準は?最低でも効果・効能ありの医薬部外品とは?

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX