女性用育毛剤の成分は男性用と違う!どうして即効性がない??

薄毛って男性が圧倒的に多いので女性の場合どうすればいいのか迷ってしまう場合があります。

 

実は、育毛剤にも男女別があって、女性用育毛剤として開発されているものは、成分も女性の薄毛をケアするようにできています。

この記事では、女性はどんな成分の育毛剤を選べばよいのか説明していきたいと思います。

女性の薄毛は女性用の育毛剤を選ぶ

「私の薄毛なんて男性に比べたらたいしたことないから、男性が使っている育毛剤なら即治っちゃいそう」

「旦那の育毛剤で試して効きそうなら、このまま使っちゃおう」

こんなふうに思ったりしませんか?

これでは女性の薄毛は良くなりません。

なぜなら、男性の育毛剤は、男性ホルモンを抑制するように作られていて、女性にの薄毛の原因とは違うんです。

女性の薄毛は、加齢、出産によるホルモンバランスの乱れ、ストレスに要因がある場合が多いんです。

このように、男性と女性の薄毛は原因が違いますので、女性専用に作られた製品を選ぶ必要があります。

 

頭皮に優しい育毛剤を

髪は頭皮で作られ生育します。頭皮も皮膚ですので、お顔に塗る化粧品と同じように育毛剤の成分によってはかぶれたり、最悪の場合炎症を引き起こしたりしてしまう場合があります。

成分表を見てもカタカナ表示の難しそうなものが多いので、見て見ぬふりをしてしまいそうですが、頑張って見るようにしましょう。

無添加と表示されているものが多いことに気づくと思います。

たいていの場合、無添加とは、パラペンフリー、無香料、着色料フリーなどです。

メーカーが独自に決めているので、無添加と言っても決まりがあるわけではないのですが、それを売りにしているのですから、成分に気をつけて作っていることは間違いないと思います。

 

血行促進タイプの女性育毛剤を選ぶ

女性の薄毛は頭皮の血行不良が多いと言われています。加齢やストレスで頭皮が固くなっている場合があります。

ですので、効果効能が認められている医薬部外品で血行を促進する作用のある育毛剤を使用しましょう。

代表的な血行促進成分、センブリエキス、ニコチンアミド酸が配合されている育毛剤は数多く発売されていますので、そのなかからお気に入りを見つけてくださいね。

それに加えて、保湿、抗炎症作用の成分が含まれていればなお良いです。

 

どうして育毛剤はすぐ効かない?

髪の生育にはヘアサイクルというのがあって、成長、退行、休止を繰り返しているのですが、ストレスなどによって血行不良になってしまうと、このサイクルが乱れ、髪が生育途中で抜けてしまう場合があります。

育毛剤で血行を促進し、サイクルの乱れを正常化していくのですが、3ヶ月ほどかかります。

その後、髪が頭皮にまで出てくるのにさらに3ヶ月程かかります。

このように、育毛剤でケアを始めてもすぐにパッと髪が生えてくわけではないんです。

長い目でケアを続けていく覚悟が必要です。

 

関連記事

女性用育毛剤の【最新情報】よい製品を選ぶには何に注目する?

女性用育毛剤!年代別の選び方ポイントは?間違ったら効かないよ!

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

女性用育毛剤の価格帯は?激安で安全なのって何処で購入すればいい??

女性用育毛剤もたくさん発売されていて、価格も安いものから高いものまでさまざまで、どれを選んだらベストなのか悩んでしまいますよね!

 

ここでは、今流行りの女性育毛剤の価格帯を調べて見ましたので、御覧ください。

 

平均の価格はどれくらい?

現在人気のある女性用育毛剤の定価で税込みの値段として平均を出して見ました。

いくらくらいだと思います?

マイナチュレ
5502円

ベルタ育毛剤
6458円

花蘭咲
7560円

長春毛精
7128円

ミューノアージュ
6787円

リリィジュ(75mL)
5076円

ハリモア
7600円

CA101 薬用スカルプエッセンス
6480円

薬用RJ地肌ケアエッセンス
5616円

髪姫(はつひめ)
7980円

柑気楼
6048円

スカルプDボーテ スカルプエッセンス
4320円

資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV
6480円

フルリア薬用育毛エッセンス
4567円

50の恵 髪ふんわりボリューム育毛剤
3888円

コラージュフルフル 育毛ローション
3024円

平均で5800円程度となっているようです。

このくらいの価格帯の育毛剤は、医薬部外品となっており、厚生労働省から効果効能が認められているものです。

 

実際には、定期購入とキャンペーン価格を考えると、4000円台が普通になってくるようです。

これは、1ヶ月にかかる費用となりますので、1日あたりですと120円程度です。

薄毛のケアに毎日120円程度と思えば、必要経費だからしょうがないかな~って思えるような気もします。

 

1000円台で売っているものもあるけど・・

ドラッグストアなどのお店ですごく安いの売ってますが、先にリストした本格的な育毛剤と違って、値段なりの商品です。ハッキリ言って「安物買いの・・・」になってしまいます。

「まだ薄毛にはなっていないけど、将来を考えると、予防の意味で育毛剤を使っておきたい」

このような方であれば、安価な育毛剤でも十分かもしれません。

ですが、すでに薄毛になっている方であれば、そんなこと言ってれれませんよね。

ちゃんと効果効能が厚生労働省から認められている医薬部外品の育毛剤を使う必要があります。

 

激安は危険

もう一つの方法として、ヤフオク、メルカリ、ジモティなどの中古オークションで見つける事もできます。

ですが、何処からどのような経路で仕入れたのか、素性のわからないものや、使いかけのものまで出品されていますので、激安ということを除いてデメリットばかりです。

直接頭皮に塗ってケアするものですので、安全安心なところで購入することをおすすめします。

 

女性用育毛剤の価格帯(平均価格)のまとめ

1000円台・・・効果が期待できにくい、予防程度に使う

5000円台・・・効果が期待できる医薬部外品

中古はオススできません。

5000円台の商品は、通販となっているものが多く、近くのドラッグストアに行っても置いてないことが多いですね。

関連記事

女性用育毛剤の【最新情報】よい製品を選ぶには何に注目する?

女性用育毛剤!年代別の選び方ポイントは?間違ったら効かないよ!

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

育毛剤の副作用ってあるの?※失敗しない育毛剤を選ぶには?

育毛剤にもいろんな成分が配合されているので、自分の肌に合わなかったりかぶれたりする副作用があると怖いですよね。

添加物など肌に影響する成分が使われていないか心配です。

どんなことに注意すればよいのでしょう?

 

無添加という表示

女性用育毛剤の説明を見ると、無添加という表示が目に付きます。

無添加っていうぐらいだから、副作用のあるような成分が添加されていないんだろうな~ぐらいな想像がつきます。

でも、製品によって無添加の材料が違っていたりして、あれ、こっちの製品は無添加の数が少ない!

大丈夫?って感じちゃったりします。

実は、無添加って基準がないんです。

各製造メーカーが、それぞれの判断で「売り文句として、こんな成分は排除しています」と記載しているんです。

香料、合成着色料、パラベンやシリコン、界面活性剤などが代表例で、これらを無添加として記載している事が多いです。

どんな成分を配合していないのか書いてあり、これを強調することで安全なイメージを作っているのです。

無添加として強調しているもの以外の成分でも肌トラブルが絶対発生しないというわけではないので、注意したほうがいいです。

 

無添加の表示だけで安心できないです

無添加=悪い成分がないから安心。 

こんなイメージを持たれると思いますが、その他の成分で副作用が出ることもあります。

敏感肌の方や、体調によっては普段大丈夫な方でも副作用を感じる場合があります。

アルコール

肌の殺菌や、防腐剤、浸透の目的で含まれています。

過去にアルコールを含んだ化粧品でかぶれたりしたことがある方は、成分表にアルコールが書いてある育毛剤は避けたほうがいいでしょう。

 

使ってみないと副作用がわからない?

 

実は、使う前に全成分表をチェックしても、使ってみないとわからないんです。

大丈夫、この成分なら問題ないはず、かぶれないはずって確認しても、使ってみたら肌に合わなかったということもあるんですね。

育毛剤のメーカーでは、敏感肌の方でも副作用が出ないように成分を調整しているはずですが、実際には肌の性質はそれぞれ違いがあるため完璧というわけには行きません。

それじゃー怖いですよね。

薄毛をケアしようとしている頭皮にいきなりつけるのではなく、パッチテストといわれる方法でテストしてOKが出てから使用するのがオススメです。

 

パッチテストのやり方

1、育毛剤を二の腕の下側に10円玉の大きさ程度に塗ります。

2、塗ってから30分程度経ったら見てみます。かぶれや、赤くなっていないか確認。

3、48時間経ったら再確認。かぶれや赤くなっていなければパッチテスト合格です。

もしもパッチテストでかゆみ・かぶれ・赤みが出てしまった場合は、残念ながら使用を中止するしかありません。

 

関連記事

女性用育毛剤の【最新情報】よい製品を選ぶには何に注目する?

女性用育毛剤!年代別の選び方ポイントは?間違ったら効かないよ!

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

女性用育毛剤の【最新情報】よい製品を選ぶには何に注目する?

女性用育毛剤をいざ使おうって思ってもどれがいいんだか?

たくさんありすぎて、選ぶのに困りますよね。

値段もそこそこするし。

ここでは、どんな観点で育毛剤を選べばいいのか調べて見ました。

 

医薬部外品を選ぶ

まず、効果・効能が厚生労働省から認められている医薬部外品を選ぶことが最低ラインです。

化粧品となっている育毛剤では期待できるのが保湿ぐらいで、育毛に必要な成分は入っていないのが普通です。

薄毛なのかな~ぐらいな方なら、化粧品と合わせて頭皮マッサージをすれば効果が期待できる場合がありますが、はっきりと薄毛とわかるなら医薬部外品を選びましょう。

 

化粧品 < 医薬部外品 < 医薬品の順番で強くなる

成分の効き目は、医薬品が一番です。

医薬品は、副作用も考慮しなければいけませんので、医師や薬剤師の判断が必要です。

医師の判断で治療が必要なときに処方されます。

海外から個人輸入などで手に入れるのは危険ですのでやめておいたほうがいいです。

医薬部外品は、医師の診断などが必要なく、副作用も通常の使用であればそれほど心配しなくても大丈夫なので、手軽に使えます。

医薬品ほど強くはないですが、効果と効能が厚生労働省から認められた成分を配合しています。

効果・効能が穏やかですので、長期間続ける必要があります。

化粧品は効果・効能の許可がないものです。

予防を考えて使うには良いのですが、そこまでしないのが普通です。

育毛剤ではなく、養毛剤って呼ばれています。

 

症状にあわせて育毛剤を選ぶ

 

女性の薄毛で主なものは

びまんせい脱毛症

髪全体が薄毛になる症状で、ゆっくり薄毛が進みます。

なんか最近ボリュームが無くなってきたかなって気づいたときには、実はかなり症状が進んでいたりします。怖いです。

加齢、ストレスで女性ホルモンの減少やバランスが乱れるのが要因で、頭皮の血行が悪化して毛を作る細胞に栄養が届けられなくなっている状態です。

血行を促進する女性用育毛剤を選び、使用するときに同時に頭皮マッサージをあわせて行うと効果的です。

加齢はどうしようもないのですが、ストレスを減らしリラックスして良い睡眠になるようにすることが必要です。

出産後に起こる脱毛症

妊娠中に急増していた女性ホルモンが、出産とともにバランスが急変すると抜け毛が怖いほど増えたりします。

若いのに薄毛なんてびっくりです。

でも1年ほどで通常にホルモンバランスがもどると自然に治ります。

育児がストレスになっていると、それが原因となって薄毛が戻らないことがあるそうです。

ストレスによって頭皮の血行が悪化していることが薄毛の要因になっている場合があります。

頭皮にやさしい、保湿と血行促進が期待できる医薬部外品の育毛剤を選のがよいでしょう。

ストレスを軽減する息抜きを積極的にとるようにすると効果的ですね!

関連記事

女性用育毛剤!年代別の選び方ポイントは?間違ったら効かないよ!

育毛剤を選ぶ基準は?最低でも効果・効能ありの医薬部外品とは?

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

女性用育毛剤!年代別の選び方ポイントは?間違ったら効かないよ!

女性用の育毛剤もたくさんあって、どれが自分に合うのかここでも悩んでしまっていませんか?

ここでは、年代ごとの薄毛の原因と育毛剤選びのポイントを紹介していきますね。

 

10代の育毛剤

まず、10代で薄毛なんていう方いるの?

こんなに若くても、強いストレスや生活習慣の乱れが頭皮の血行不良になってしまう場合があります。

いきなり育毛剤を使うよりも、原因となっているストレスや生活習慣を改善するのが先です。

その上で髪のサイクルの正常化を早めるため、育毛剤を使うのが望ましいです。

血行を促進することを目的とした医薬部外品の育毛剤が安心です。

 

20代の育毛剤

20代も10代と同じようにストレスや生活習慣の乱れが起きやすい年代です。

それに加えて、キレイになりたいお年頃でダイエットを過度にしてしまう場合があります。この場合も頭皮に栄養が行かなくなり薄毛の原因になります。

出産をすると抜け毛が増えることがあります。ホルモンバランスの急変が頭皮に影響するためですが、普通は半年から1年で自然に治っていきます。

ですが、出産後の育児でストレスがある場合、なかなか直らないでで長引く事があるようです。

症状が重い場合は、病院にいくことが必要です。

この年代でも頭皮の血行を促進する医薬部外品の育毛剤を選んでおくことが必要です。

 

30代の育毛剤

30代になるとそれまでと違ってきて、女性ホルモン(エストロゲン)の減少による影響が髪と頭皮に出始めてきます。

女性ホルモンの減少は

  • 髪の毛が細くなる
  • ボリュームがなくなってくる
  • コシがなくなってくる

のようになり、ヘアスタイルが今までのように決まりづらくなってきます。

育毛剤としては、血行を促進する働きのある医薬部外品を選ぶのが良いのですが、それに加えて体の中からもケアを進めるのがより効果的です。

女性ホルモン(エストロゲン)が減少しているのだから、摂取すればいいのでは?と思いますよね。

でも、エストロゲンは体から分泌されるもので、外部から取り入れることができないのです。

そこで、そのかわりにエクオールがあります。

エクオールはエストロゲンと似た働きをするので女性のさまざまな症状の改善が期待されると研究発表が報告されています。

  • 更年期(ゆらぎ期)障害の改善
  • 抗酸化作用
  • 血管内皮作用
  • 骨粗しょう症予防
  • メタボ予防
  • 皮膚廊下の予防
  • 脂質代謝改善
  • 前立腺への作用

エクオールはサプリで摂取できますので、予防の意味で早いうちからケアを始めるのが良いでしょう。

 

40代以降の育毛剤

個人差がありますが、薄毛の方が増えてきて、白髪とともに女性にとって悩める問題です。

加齢による頭皮の血行不良が薄毛の主な要因になってきます。

血行を良くして、髪を育てる細胞に栄養を送りやすくする女性用育毛剤が必要です。医薬部外品で効果効能が厚生労働省から認められたものが安心安全です。

それと合わせて

体の中からエクオールで継続してケアすることも必要です。

 

関連記事

女性用育毛剤の【最新情報】よい製品を選ぶには何に注目する?

育毛剤を選ぶ基準は?最低でも効果・効能ありの医薬部外品とは?

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

育毛剤を選ぶ基準は?最低でも効果・効能ありの医薬部外品とは?

育毛剤はたくさんありすぎて、どれを選べばいいのか困ってしまいますよね。

薄毛で困っているのに、選び方でまた困ってしまうなんて。

簡単に手に入りまちがいないのが、医薬部外品となっている育毛剤です。

いきなり医薬部外品と言われても・・・

 

医薬部外品

厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定濃度配合されているものです。

効果と効能の強さは、化粧品<医薬部外品<医薬品 の順番になっています。

効果と効能を厚生労働省認めて許可しているんですね!

安心感があります。

 

女性の薄毛の種類は?

実は、薄毛にもいろいろな原因があって、自分のタイプを知って育毛剤を選んだほうが良い結果が得られます。

主なタイプとして

  • 出産後の脱毛症
  • 瀰漫(びまん)性脱毛症
  • 脂漏性(しろうせい)脱毛症
  • 粃糠性(ひこうせい)脱毛症
  • 牽引性(けんいんせい)脱毛症
  • 円形脱毛症

があります。名前の漢字が難しいですね!

一つづつ簡単に見ていきましょう。

 

出産後の脱毛症

出産後に起こる女性ホルモンの変化によって起こります。

妊娠中に増えていて、出産とともに元に戻る時にバランスがくずれ髪が抜けやすくなってしまします。

一時的なもので、普通ですと半年から1年でもとに戻ります。

でも、子育てからくるストレスが重なったりすると、回復までの期間がかかったりする場合があります。

 

瀰漫(びまん)性脱毛症

名前が難しいですね。

びまんって一面に広がることを言うそうです。

ですので、頭髪全体が薄毛になる場合、このびまん性脱毛症ということになります。

ヘアサイクルが乱れて、毛がちゃんと育たず細くなったり、育つ途中で抜けてしまったりします。

女性ホルモンの減少(加齢による)、強いストレス、過度なダイエット、間違ったヘアケアによる頭皮環境の悪化などのキッカケで薄毛になります。

 

脂漏性(しろうせい)脱毛症

これも名前が難しいですね。

しろうせいって脂(頭皮脂)が過剰に分泌されて毛穴を塞いでしまい、正しく毛が成長できない状態になると発生します。

肌に合わないシャンプーや、頭皮の洗い過ぎによって必要な皮脂まで落ちてしまうと、体を守ろうと皮脂を過剰に分泌してしまいます。

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症

フケによって毛穴の出口がふさがれてしまい、毛が正しく成長できないと言われています。まだ原因が完全にわかってないようです。

 

牽引性(けんいんせい)脱毛症

髪の長い人に多い。

髪の重さで頭皮が常に引っ張られて負担がかかったりすることが原因でなることがあります。

髪型を変えるなど、頭皮に負担がかからないようにすれば回復します。

 

円形脱毛症

よく耳にするのですが、どんなのでしょう?

頭髪が、円形に脱毛する。

豆粒から500円玉くらいなどさまざま。

原因はさまざまな説が提唱されています。

  • 自己免疫による・・・体を守ろうとして、自分の体の一部を攻撃
  • アトピーによる・・・アトピーの方がなりやすい
  • 精神的ストレス・・・ストレスに対抗して交感神経が異常になり血管を収縮
  • 遺伝的・・・・・・・遺伝的な要因
  • 出産後のホルモン・・ホルモンバランスの急激な変化

このように、女性の薄毛にも症状・原因に違いがありますので、育毛剤を選ぶ場合は、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

 

関連記事

女性用育毛剤の【最新情報】よい製品を選ぶには何に注目する?

女性用育毛剤!年代別の選び方ポイントは?間違ったら効かないよ!

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX